カテゴリー:各部門

  •  

    放射線部について

    画像診断部門には一般撮影をはじめ、X線CT、MRI、血管造影、核医学などの検査室があり、最新の機器や装置を導入して様々な画像情報を提供しています。放射線治療部門にはリニアック装置を設置し、がん(悪性腫瘍など)の治療を行っ…
  •  

    放射線について

    放射線と放射能の違いについて 「放射線」と「放射能」はよく似た言葉ですが意味は異なっています。 放射線は、電磁波の一種です。 種類としては、おおまかにX線、α線、β線、γ線、中性子線、電子線、陽子線、宇宙線などがあ…
  •  

    RI 内用療法

    RI内用療法とは、静脈注射で体内へ投与した放射性医薬品を特定臓器に集めて、そこから出てくるアルファ線やベータ線などを集中的に腫瘍組織へ浴びせる放射線治療です。 メタストロン (Sr:ストロンチウム-89)疼痛緩和治療 …
  •  

    一般撮影

    一般撮影とは、X線撮影のことでレントゲンと言われます。胸部、腹部をはじめ全身あらゆる部位の骨などの撮影を行います。その他にも、乳房や歯(下顎)の撮影、骨密度の検査も行っています。       …
  •  

    MR 検査(磁気共鳴画像撮影)

    放射線科に属していますが、放射線は使用せず、強い磁石と電波を使って、全身のあらゆる断面を正確に写し出す画像診断装置です。 炎症性病変、血管性病変、腫瘍性病変などの質的診断や広がり診断、また、治療後の効果や、その後の経過…
  •  

    RT(放射線治療)

    放射線治療とは、「放射線」を体内の病巣に照射することで悪い細胞を壊す治療法です。(主として「がん治療」に使用します。) 「放射線」は、目に見えず、体にあたっても何も感じませんが、体の表面や奥にある病気を治すことがで…
  •  

    RI検査(核医学検査)

    検査方法は、放射性医薬品を注射した後に体内から放出される放射線(ガンマ線)を核医学装置(ガンマカメラ)で色々な方向から測定します。このデータをもとにコンピュータで画像を作成し、臓器の大きさ・腫瘍の位置や働きの状態(機能)…
  •  

    アンギオ室(血管造影室)

    血管造影検査は、脚(あし)のつけね、手首、肘などからカテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入して、造影剤(血管を抽出させるための薬剤)をカテーテルから注入し、X線を用いて連続的に撮影を行い、血管を抽出する検査です。 …
  •  

    PET/CT検査

    平成25年5月1日、病院の移設と共に核医学検査室に新しくPET/CT装置を導入しました。 PET/CT装置(GEヘルスケア・ジャパン製 Discovery PET/CT710) P…
  •  

    医療情報部

    当センターの医療情報部は、電子カルテなどを医療のために運用する部門です。 従来の紙やフィルムによる運用を電子化していかにしてシステム化し、 病院運営の質を向上させるかに取り組んでいます。 その目的は1. 患者様の安…

最新の更新記事

  1. 2018-7-4

    内科専攻医 募集中!

    今年から、当院基幹の内科専門医プログラムにおいて連携病院がかなり増えました。今まで、神戸大学附属病院…
  2. 2018-2-18

    基本理念

    基本理念…
  3. 2018-1-28

    放射線科 PETCTがん検診

    淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  4. 2018-1-28

    病院のご案内 院長挨拶

    淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…

ピックアップ記事

  1. 今年から、当院基幹の内科専門医プログラムにおいて連携病院がかなり増えました。今まで、神戸大学附属病院…
  2. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念…
  3. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
ページ上部へ戻る