心不全専門外来開設

  • 2018/11/2
 

当院循環器内科で、心不全専門外来を開設することになりましたので、ご紹介いたします。

淡路島内では、高齢化の進行とともに心不全患者が急増しています。心不全は、「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」です。余命を縮める疾患であることもさることながら、生活の質(QOL)も著しく悪化させる病気であり、この心不全が淡路島内で大流行しており、大きな問題となっています。

心不全は、「人生終末の病」のように考える方も多くいらっしゃるかと思いますが、発症早期に適切な治療を行うことで、症状の進行を遅らせ、余命を長くすること、QOLを保つことが可能となります。

当院では、心臓の機能が落ちてきた患者様を早期に発見し、症状発現前に適切な治療を行い、心不全の進行を食い止めるための、「心不全専門外来」を、11/19より新たに開設いたしました。BNP(心不全の重症度を表す採血数値です)が高い、以前心電図の異常を指摘されたことがある、心雑音を指摘されたことがある、息切れ・むくみなどがある、何か心臓が気になる、どんな方でも結構です。お近くの開業医・医療機関を通して心不全専門外来をご予約ください。半日かけて、心臓の機能に異常がないか精査をさせていただきます。

なお、当外来は開業医・医療機関を通してのみ予約可能となっております。直接来院された患者様のご予約はできませんので、必ずお近くの開業医・医療機関を通してご予約ください。

Q and A

① 外来受診を希望しますが、どのようにしたらよいでしょうか?
→すべて開業医・医療機関を通してのみの予約としております。かかりつけの先生を通して予約をしてください。かかりつけの先生がいらっしゃらない場合は、お手数ですがお近くの開業医の先生にご相談のうえ、予約をお願いしてください。

② いままで心臓が悪いといわれたことがありませんが、一度きちんと調べてみたいのですが、受診してよいのでしょうか?
→症状がなくても心臓の機能が弱っている人がいますので、そのような方を早期に見つけるための外来です。心機能精査を希望される方は、どなたでも構いませんので、受診をしてください。

③ どのくらい時間がかかるのでしょうか?
→基本的には、受診日の午後いっぱいを使って、検査をする予定です。半日がかりにはなりますが、一般的な心臓の検査をすべてやりきりますので、時間に余裕をもって受診してください。

④ どのような検査をするのでしょうか?
→採血、レントゲン、心電図、心臓超音波検査、呼吸機能検査、足関節/上腕血圧比(ABI)を行います。

⑤ 費用はどれぐらいでしょうか?
→費用は個人の保険によって異なりますが、すべて保険診療内で行います。

⑥ 検査後はどのようにしたらよいのでしょうか?
→ご紹介いただいた医療機関に、結果をお伝えします。追加治療が必要な場合は、ご紹介いただいた医療機関の先生から処方いただく予定です。専門的な検査や治療が必要な場合は、引き続き当院にて詳しい検査・治療を提案することがあります。

このような外来を行っている施設は、全国的に見ても多くはありません。この外来が、急増する心不全患者の減少にどれだけ寄与するのか、今後は学会などを通して全国に伝えていく予定です。その際、本外来で得られたデータを、完全匿名化して使用することがあります。個人情報が特定されるようなことはございませんが、もしご自分のデータが使われることに問題がおありの方がいらっしゃれば、お気軽にご申しつけください。

近隣医療機関の先生方へ

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…
ページ上部へ戻る