指導医から 外科の特色

  • 2018/11/30
 

当院の指導医より、研修医を志す皆さんにメッセージ

外科指導医(臨床研修指導責任者) 杉本貴樹 ドクター「淡路医療センター外科の特色」

兵庫県立淡路医療センターは淡路島(人口14万人)の中核病院で、実質上淡路全島の救急、特に2次~3次救急を一手に担っているため、外科医、救急医として経験すべき症例は偏りなく極めて豊富です。この点が現在臨床研修病院としての人気の源(初期研修医24名)となっていると思います。
当院外科は現在15名の常勤スタッフに加え、3ヶ月単位で常時3-4名の初期研修医がローテーションしています。病院としても消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科を標榜しており、各分野において学会認定の指導医が複数名おり、各専門医の修練施設として認定されています。またこれら3分野の垣根が極めて低く、横の連携がとても密であるのも大学病院や他の総合病院にはない大きな特徴です。また、当院の特色として救急の症例がきわめて豊富であるため、Acute Care/Emergency Surgeryの経験を十分に積むことが可能であり、実際救急専門医が外科的手技を習得するため数年単位で在籍しています。 また、救急、手術などで忙しい中にも病院は緑と自然に恵まれたすばらしい環境にあり、魚や肉を中心とした美味しい食材も極めて豊富です。看護師さんなどコメディカルの方も含めた外科全体としての夏のバーべキュー大会、温泉宿での大忘年会のほか、歓迎会や慰労会なども機会あるごとに行っており、外科全体として一枚岩の体勢を作っています。

外科研修についての特色

1.手術症例:当院外科では消化器・一般、心臓血管、呼吸器、救急とすべてにおいて極めて豊富な症例があります。

2. 消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科および救急の各分野において学会認定の指導医が複数名おり、各専門医の修練施設として認定されています。

消化器・一般外科指導医
小山隆司:外科学会指導医、消化器外科学会指導医 消化器内視鏡学会指導医
宮本勝文:外科学会指導医、消化器外科学会専門医
大石達郎:外科学会専門医、内視鏡外科学会技術認定医
高橋応典:外科学会専門医

心臓血管外科指導医
杉本貴樹:外科学会指導医、胸部外科学会指導医 心臓血管外科専門医、
循環器学会専門医、脈管専門医
南 一司:外科学会指導医、心臓血管外科専門医、循環器学会専門医
深瀬圭吾:外科専門医、心臓血管外科専門医

呼吸器外科指導医
松岡英仁:外科学会指導医、胸部外科学会指導医、呼吸器外科学会専門医
上村亮介:外科学会専門医

救急外科指導医
坂平英樹:救急医学会専門医、日本DMAT隊員

施設認定
日本外科学会専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医制度修練施設
心臓血管外科専門医認定基幹施設
呼吸器外科専門医認定施設
日本救急医学会専門医指導施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本循環器学会研修施設

3. 2年目選択においては、あらゆる分野を順次経験することも、あるいは特定分野に興味をもった場合、その分野を集中的に習得することも可能です。

4. 救急における初期対応、入院患者に対する処置・対応等はすべて経験豊富な上級医のバックアップのもと研修医が積極的に行える体制を作っており、2年間の初期研修で得られる臨床医として力量は他のいかなる病院にも勝るとも劣らないと自負しています。

以上のように、消化器・一般、心臓血管、呼吸器と当外科の守備領域は広く、さらに救急症例も多く、外科医あるいは救急医を志すものは勿論のこと、他科を希望するものにも経験しておくべき要素を極めて多く有しています。また、忙しい中にも病院は緑と自然に囲まれた恵まれた環境にあり、あらゆる面から2年の研修生活は極めて充実したものになると思います。
出来れば、一度見学に来てください。淡路医療センターでお会いできるのを楽しみにしています。

実際に当院での初期研修で習得できる外科的手技
(1年目の3ヶ月外科研修)
皮膚、皮下などの縫合手技
中心静脈カテーテル留置
胸腔・腹腔穿刺
気管内挿管
イレウスチューブ挿入
虫垂炎、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤、内シャント、消化管穿孔、外来小手術における第一助手
各手術(胃切、腸切、心臓・血管手術、肺手術)の第2、第3助手

(2年目さらに外科を選択した場合)
虫垂炎、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤、内シャント、消化管穿孔、外来小手術における術者としての執刀
開腹・閉腹手技(術者)、開胸・閉胸(術者)
簡単な消化管吻合
簡単な血管吻合
心臓、血管バイパス手術における静脈グラフト採取(術者)
心膜縫合
各手術(胃切、腸切、心臓・血管手術、肺手術)の第1、第2助手

実際に初期研修医が3ヶ月で経験する外科手術症例数

腹部外科
胃・大腸     10例
胆嚢、虫垂炎 等 20例
小児        2例

胸部・心臓血管外科
心臓・大血管    10例
末梢血管      10例
肺         5例

その他救急における蘇生術を含む緊急処置多数

プロフィール

昭和58年 神戸大学卒業
詳細は淡路医療センター心臓血管外科ホームページをご覧ください。

【専門分野】

心臓血管外科

【資格】

医学博士
日本外科学会専門医、指導医
日本胸部外科学会指導医
心臓血管外科専門医
日本循環器学会専門医
脈管専門医

【役職】

Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (Member)
日本血管外科学会評議員
日本冠動脈外科学会評議員
日本静脈学会評議員
日本脈管学会評議員
日本外科学会近畿地方会評議員
日本循環器学会近畿地方会評議員
日本血管外科学会近畿地方会世話人

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念 地域中核病院として良質・安全な医療を提供し、地域に貢献します。 基本方針 1…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念 地域中核病院として良質・安全な医療を提供し、地域に貢献します。 基本方針 1…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…
ページ上部へ戻る