足のきず総合治療センター

  • 2018/11/27
 

淡路医療センターの「足のきず総合治療センター」とは?

薬を塗っていても、なかなか治らない、あるいは悪化してくる。そのような「きず」を慢性創傷と言います。

慢性創傷にはいろいろな原因が関与しているため、一つの科を受診するだけでは、なかなか治らず複数の科にまたがって治療をする必要があります。

路医療センターの「足のきず総合治療センター」では、慢性創傷に精通した医師、看護師、義足装具士などが集まり、科や分野を超えた集学的治療を提供しています。

あらゆる創傷に対応します

糖尿病性足潰傷
血行障害による足潰瘍・壊死
静脈瘤による下腿潰瘍
外傷や手術後の、なかなか治らない傷

その他、原因がわからない様々な慢性創傷に対応しています。長時間治らない傷、あるいは足の切断を他院で勧められ、お困りの方は、是非、ご相談ください。

受診方法

淡路医療センターの「足のきず総合治療センター」における症例

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念 地域中核病院として良質・安全な医療を提供し、地域に貢献します。 基本方針 1…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…

ピックアップ記事

  1. 2018/2/18

    基本理念
    基本理念 地域中核病院として良質・安全な医療を提供し、地域に貢献します。 基本方針 1…
  2. 淡路島で、がん検診を・・・PETCTで早期発見を [caption id="attachment_…
  3. 淡路島の医療を支える 兵庫県立淡路医療センターは、昭和31年の開院以来、淡路島の中核病院、唯一の公…
ページ上部へ戻る