このページの本文へ移動

PET/CTがん検診

TOP > 受診される方へ > 診療科目 > 放射線科 > PET/CT がん検診

PET/CT がん検診

淡路島でがん検診を ・・PET/CTを用いたがん検診を始めるにあたり・・

当院は2013年5月に新築移転し、淡路医療センターとして幅広い領域に対して高機能な医療を提供する総合病院として新生いたしました。がん領域においても地域がん診療拠点病院として、年間約千数百人のがん患者さんに対して複数診療科の連携の下で集学的な診療を提供しています。日本は超高齢化社会を迎えるにあたり、がんの罹患率は上昇の一途です。10年前であれば、がんにかかるのは3人に1人と言われていましたが、もはや日本人2人に1人はがん患者という時代は直近の未来です。
兵庫県立淡路医療センター 
副院長・放射線科部長 久島健之
また、淡路地域は都市部に比して高齢化が著しく、日本全体の人口構成の変化に数年早く直面することが予想されます。今後、がん診療に対する社会的取り組みは、淡路のみならず日本全体の重要な課題と考えています。

当院では、がんの実臨床を提供するのみならず、がんの早期発見と早期診断に取り組む端緒としてPET/CTを用いた検診事業を開始します。これよりがんの臨床に係る医療資源コストの軽減、がん患者の治療時の負担軽減、治療成績の向上を期待します。もちろん、がん検診において万能の検査は存在しません。内視鏡・CT・MRI・血液検査、いずれも実臨床や検診では優れた機能を発揮しますが、総合的ながん検診においては限界があります。PET/CTも同様です。しかし、潜在するがんを発見する可能性の高い画像診断法として、現況ではPET/CTが最も効率的で有用性が高いと考えております。

淡路島は海に囲まれながら豊かな土壌の恩恵をうけ、新鮮な海産物と豊穣な農作物に恵まれた島であります。御食国(みけつくに)としても歴史を有し、日本全国に豊かな食材を提供してきました。加えて、豊潤な湯を産す温泉地であり、風光明媚な観光地でもあり、観光宿泊施設も充実しています。がん検診を受けると同時に、淡路の美味しい料理と温泉と観光を楽しみに来られるのはいかがでしょうか。島内の方はもちろん、島外にお住まいの方も、ご家族やお知り合いの方をお誘いのうえ、当院にがん検診においでください。

PET/CT検査とは?

がんに集まりやすい放射性医薬品を用いるPET(Positron Emission Tomography:陽電子断層撮影法)検査と、16列CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影法) 検査を同時に行います。文字通りのPETとCTが合体した装置なので非常に精度の高い融合画像を作成することができます。

   

PETは組織やがんの活動状態(良性か悪性か、再発かどうか)、CTは組織やがんの細かな形態(がんの形や大きさ、どの臓器のどの部分に存在するかなど)や濃度などの情報が得られ、お互いの長所と短所を補った画像が得られる装置になります。

   
PET画像   CT画像   融合画像


PET検査に用いる18F-FDG(フルデオキシグルコース(以下FDG))はブドウ糖にフッ素-18[18F]というごく微量の放射性物質をくっつけた放射性医薬品です。

「がん細胞は正常の細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込む」という性質を持つため、FDGを体内に注射すると、がん細胞は正常な細胞より多くのFDGを取り込みます。そこから放出される微量の放射線をPETカメラでとらえて、がん細胞の位置や大きさや進行の度合いを調べています。