このページの本文へ移動

薬剤部

TOP > 病院のご案内 > 各部門 > 薬剤部

薬剤部

薬剤部は、患者さんに安全・安心な薬物療法が実施されることを支援するために、お薬の管理、供給、情報提供を行っています。薬剤師は、お薬の安全性・有効性の確保を目標として日々業務を行います。

業務内容

【調剤業務】

処方せんに基づき、内服薬・注射薬・外用薬などを調剤し、また、それらのお薬の使用方法が適正かをチェックしています。

【抗がん剤調製業務】

投与計画に基づき厳正な管理を行い、無菌的に抗がん剤の調製を行っています。また、一部の調製には閉鎖式システムを導入し、職員の抗がん剤による被曝防止にも努めています。

【服薬指導】

服用しているお薬についてより理解して頂くとともに、お薬に関する疑問を解消できるように、病室を訪問してお薬に関する説明をさせていただき、副作用のチェックなども行っています。

【薬物血中濃度解析】

一部のお薬は、測定した血液中の濃度に基づき投与計画を立て、最適な投与量・投与回数などを医師に提案しています。

【チーム医療】

栄養管理、感染対策、緩和ケア、糖尿病教室、キャンサーボードなどに参画し、他職種と協同して薬物療法面でのサポートを行っています。

院外処方せんの実施について

当院では、院外処方せんを発行し、お薬を最寄りの薬局で貰っていただくこととなっていますので、ご理解とご協力をお願い致します。 患者さんには、あらかじめ「かかりつけ薬局」をきめておいていただくことで、病院からその薬局に前もってFAXで処方せんを送り、病院からの帰宅の途中、又は自宅近くでお薬を貰っていただくことが可能です。 院外処方せんを受付している薬局は、「保険薬局」の看板がある薬局です。また、院外処方せんの有効期間は発行日(土日祝日も含む)を含めて4日間です。

お薬手帳の活用について

お薬手帳は、処方されたお薬の名前、飲む量、回数などを記録に残しておくことを目的に作られています。最近、患者さんの複数病院のかけ持ち受診が急増しており、お薬の重複や飲み合わせによる副作用が懸念されています。とくに入院時は、同系統の薬で起こる副作用の予防や、アレルギー歴、飲み合わせのチェックに役立てられます。 安全にお薬を使用するために、受診の際はお薬手帳をご持参ください。

外来患者の皆様へお願い 受信時はお薬手帳をご持参ください お薬手帳とは?

画像をクリックすると、拡大表示ができます。