このページの本文へ移動

循環器内科

TOP > 受診される方へ > 診療科目 > 循環器内科

循環器内科

診療内容・特色

淡路島島内での循環器疾患は、当院完結型で対応し急性心筋梗塞、急性心不全など24時間緊急体制を整えています。
現在、日常臨床で行っている循環器疾患の主な検査として、心電図、心臓超音波検査、運動負荷心電図(トレッドミル検査)、24時間ホルター心電図、24時間血圧計、末梢血管(頸動脈、下肢静脈)超音波検査、ABI(閉塞性動脈硬化症の検査)、負荷(運動、薬剤)心臓核医学検査、64列冠動脈CT、電気生理学的検査、冠動脈造影検査等が行われています。
冠動脈疾患に対しては、経皮的冠動脈形成術(PCI)((風船治療(POBA),STENT留置術(ステント、薬剤溶出ステント治療等))、石灰化病変に対してはローターブレーターも行っています。またOCT(光干渉断撮影)や血管内視鏡検査なども積極的に行っています。
徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー治療も行っています。

以上、淡路島圏域の循環器疾患については当院の外科とも密に連携し、適切な時期に集学的治療を行えるように日々切磋琢磨しながら診療に当たっています。

循環器内科を受診される方へ

県立淡路医療センターの内科外来では、月曜日から金曜日まで毎日初診、再診担当医に循環器内科の医師が外来診療を行っていますので、循環器疾患が疑われる場合には、かかりつけ医からの紹介状を持参していただければよりスムーズに診察、検査などが行えます。したがって、必ずかかりつけ医に紹介状を書いて頂き受診されますようにお願い致します。

その他

他院での診療内容の再確認、病状の再評価などセカンドオピニオンを希望される場合にも診療させて頂きますので、紹介状を持参されますようにお願い致します。

診療科からのお知らせ

2013年4月より、循環器内科に姫路循環器病センターから林孝俊先生が副院長で来られました。神戸大学医学部附属病院から井上先生が内科医長として赴任されました。、神戸大学医学部附属病院初期研修医から1人が専攻医として当院にて研修してくれることになりました。現在、検査件数も順調に増加しており、ますます充実した医療を提供できるように努力して行きたいと考えています。
循環器内科を受診される方へ

Facebook