このページの本文へ移動

形成外科

TOP > 受診される方へ > 診療科目 > 形成外科

形成外科

形成外科について

形成外科は主にからだの表面のかたちの異常を治療する診療科です。かたちの異常は見た目だけでなく機能の障害を伴うことも多く、生活の質Quality of Life(QOL)を低下させます。したがって形成外科には専門的な知識と技術により患者さんの生活の質を高めてゆくことが求められています。

形成外科の疾患対象は非常に広く、顔面、体幹、四肢(手足)など頭の先から足の先までのからだのあらゆる場所の外傷や先天性形態異常、あるいは腫瘍切除などで生じた欠損・変形が対象になります。そのため患者さんの年齢層は幅広く、赤ちゃんからお年寄りまで診療します。

当院の形成外科の特色

当院の形成外科は淡路島で唯一の総合病院の形成外科として体表面の外傷・変形・疾患に対して手術・レーザー治療・保存的治療を行っています。
特に顔面骨骨折や重症顔面外傷、がん切除後の再建手術(乳房・頭頸部・その他)・皮膚悪性腫瘍の切除手術、手足のきずや重症四肢外傷、眼瞼下垂症に関する専門的手術を行っています。
また足のきず総合治療センター地域外傷センターの一員としても治療を行っています。
現在当科では常勤専門医2名で診療を行っています。加えて金曜日の午前は非常勤医師による外来診察や手術を行っています。