このページの本文へ移動

リハビリテーション科

TOP > 受診される方へ > 診療科目 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション(Rehabilitation)とは…
直訳すると“再び元の適した状態にすること”という意味になります。

当科の特徴

はじめに

当科は救急医療に対応した急性期リハビリテーションを中心として早期離床を目指し、各部門共(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)病棟より開始しています。

【施設基準】

リハビリテーションは以下の施設基準のもとで行っています。


脳血管疾患等リハビリテーションⅠ

運動器リハビリテーションⅠ

呼吸器リハビリテーションⅠ

心大血管リハビリテーション

がん患者リハビリテーション

精神科作業療法

【リハビリテーション科スタッフ】

医師:3名


理学療法士:8名


作業療法士:4名


言語聴覚士:2名

【診療日・診療時間】

月曜日~金曜日(祝日を除く)
午前9:00~午後5:30(外来診療は午前中のみ)

【診療体系】―全て担当制―

診察は各部門共担当制で、入院診療につきましては潤滑な診療を目指し時間を決めさせて頂いております。

【主な対象疾患】
整形外科疾患(骨折等)、中枢神経疾患(脳血管障害等)、外科術後(開胸・開腹等)、廃用症候群(長期臥床等)、小児疾患(運動発達遅滞等)
【その他】

当科は各依頼科の医師の指示の下、診療を行っています。


 

当科の場所は理学療法・作業療法・言語聴覚療法は全て2Fに位置しています。