このページの本文へ移動

精神科

TOP > 受診される方へ > 診療科目 > 精神科

精神科

当科を受診される方へ

当科では、認知症、パニック障害や強迫神経症などの神経症、うつ病や躁うつ病などの気分障害、統合失調症、アルコールなどの依存症、発達障害、その他様々な精神的不調に対する診断と治療を行っています。 特に認知症に関しては月曜日と金曜日にもの忘れ外来を設けており、早期診断、早期治療に力を入れています。

入院に関しては精神科病棟として45床の閉鎖病棟を備えており、症状の重い方にも対応しております。また総合病院であるという特性上、身体的な合併症のある方も受け入れが可能です。

気になることがある方は、お気軽にご相談下さい。

受診するにあたって

  • 他の病院に通院中の方は、初診の時に紹介状を持参してください。
  • 初診の医師が引き続き診察する場合、2回目以降の診察は初診と異なった曜日となります(外来表参照)。
  • もの忘れ外来は予約制となっておりますので、あらかじめお電話でご連絡ください。

その他外来診療の詳細はこちら

担当医師の紹介

担当医師の紹介
氏名 職名 資格等
松井裕介 医長 精神神経学会指導医・専門医、精神保健指定医
中作 真輔 医長 日本精神神経学会会員 精神神経学会
井上 貴裕 医員  
金 世賢 医員