このページの本文へ移動

病院のご案内

TOP > 病院のご案内 > 患者権利宣言

患者権利宣言

患者権利宣言

県立淡路医療センターは、「患者中心の医療」の理念のもと、患者さんと医療従事者がお互いの信頼関係の上に協働し、より安心してかかれる病院の実現をめざします。

ここに患者さんの基本的な権利を明らかにするとともに、我々全職員はこの権利宣言を遵守し、より良質で適切な医療を提供することを誓います。

個人の尊厳

ひとりの人間として、その人格や価値観などが尊重され、大切にあつかわれる権利があります。

より良い医療を受ける権利

どのような病気にかかった場合でも、良質で安全な医療を公平に受けることができます。

インフォームドコンセント

病気に関することや検査、治療について、わかりやすい言葉で納得できるまで説明を受ける権利があり、治療法などを自ら選ぶことができます。

セカンドオピニオン

治療方針について、納得できる医療が受けられるよう、複数の専門医や他の医療機関で意見を聴くことができます。

プライバシーの保護

診療の過程で得られた医療情報は、個人情報として保護され、公開されない権利があります。

医療情報の開示請求権

ご自身の医療に関する情報については、開示を求める権利があります。

患者権利宣言に伴い、患者さんやご家族のみなさまに以下のことをお願いします。

  • 患者さんご自身の健康に関する正しい情報の提供
  • 患者さんご自身の医療への主体的な参加
  • 他の患者さんの療養の妨げにならないための協力

兵庫県立淡路医療センター
平成25年5月1日