このページの本文へ移動

地域医療連携室

TOP > 病院のご案内 > 各部門 > 地域医療連携室 > 一般の方・患者さんへ

一般の方・患者さんへ

 ・地域医療連携室はどんな仕事をしているの?

 近隣の開業医や病院・診療所の先生方からの紹介状をご持参の患者さんが、スムーズに受診できるための窓口として対応しているところです。
また、紹介元の先生には、患者さんの治療方針や入院や退院に関する報告をしています。これらの報告書は患者さんが戻られた病院・診療所で安心して治療が受けられるように連携を図っています。

・“かかりつけ医・かかりつけ歯科医“を持ちましょう

かかりつけ医とは、普段生活している中で、『風邪をひいたかもしれないなあ』{なんだか体調がよくないけれど、大きな病院で診てもらうほどではないなあ}と言う時に気軽に受診でき、相談できる医院やクリニックの医師のことをいいます。
 かかりつけ医を持つと病気の変化や体調の変化に気づき、病気の早期発見や予防につながります。普段の受診の時に、病気のことはもちろん、病気にならないためのアドバイスや病気を早く治療すること、病気とうまく付き合うための生活面のアドバイスを気軽に聞くことができます。
詳しい検査や治療が必要になった時には、かかりつけ医を通して当院の受診予約をして頂けます。

・もし、紹介状をもたずに受診した場合は?

 紹介状をお持ちでない場合は、初診料+2600円の選定療養費を頂くこととなります。
また、予約患者さんが優先となるため、待ち時間が長くなります。当院を受診される場合は、かかりつけ医を通して予約を取ることで、少ない待ち時間で受診して頂くことができます。

・病状が安定した場合は他の医療機関等を紹介させていただきます

必要な専門的医療の結果、病状も安定された患者さんは病状に応じ、回復期リハビリ病棟や療養病床等を有する医療機関等に転院していただくこととなります。また、ご自宅に帰られる方にも、ご自宅で安心して生活しながら療養を継続していただくために、地域の福祉サービスとの調整もさせていただきます。
地域医療連携室では、そういった転院に際して、患者さん・ご家族の方のご意向を確認しながら、できるだけその人に合った病院の選択や転院先病院との連携・調整などを行い、スムーズな転院のお手伝いをさせていただいております。
 外来の患者さんも病状が安定されれば、お近くの医院・診療所等を紹介させていただいております。また、紹介先の医師から依頼があれば、連携をとって診療させていただいております。