このページの本文へ移動

看護部

TOP > 病院のご案内 > 各部門 > 看護部 > 専門看護師・認定看護師(CN・CNS)

専門看護師・認定看護師(CN・CNS)

 専門看護師・認定看護師とは特定の分野において専門性を高めた看護師のことです。

 私たちはそれぞれの専門領域において、より質の高い看護の提供を目指しています。そのために自ら実践しつつ、スタッフのサポートや教育などを行っています。

現在淡路医療センターには以下の専門・認定看護師が活動しています。
 
 

リエゾン精神看護専門看護師 大北正三

リエゾンには「つなぐ」「橋渡しする」と言う意味があり、精神科看護の知識を身体科看護につなぐ意味があります。すなわち、身体科で治療を受けている方が精神的に落ち込んだり不安定になった場合、精神科看護の知識と技術を用いて、より専門的な視点で心のケアを提供します。また、他の医療者と連携(つなぐ・橋渡しする)しながら、チーム医療の推進に取り組んでいます。
医療スタッフのメンタルヘルス支援も役割の一つです。
 
 

感染管理認定看護師 正司貴美子

感染管理認定看護師として、院内感染対策チーム(ICT)のメンバーと協働し、病院内での感染防止活動を行っています。具体的には、患者さんに直接ケアを実施する看護師という視点を活かし、患者さんのケア時における感染防止、インフルエンザなどの流行性疾患の予防と対策、感染対策に関する教育活動などを行っています。これらの感染対策を行うことで、患者さんにとって安全な医療を提供すること、職員にとって安全な職場環境を整えることを目的にしています。
 
 

皮膚・排泄ケア認定看護師 小西禄子

皮膚・排泄ケア認定看護師は、一言で言うとスキンケアと排泄ケアの専門家です。基本的なスキンケアをベースに床ずれや傷など予防ケア、人工肛門や人工膀胱、瘻孔などの管理、尿失禁や便失禁のケアが主な内容です。活動としては、創傷(床ずれや手術の傷など)、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)、失禁(尿や便が漏れる)などの患者さんを対象に専門的なケアを提供しています。患者さんに質の高い看護を提供できるように医療スタッフへの指導・相談を行っています。
 
 

救急看護認定看護師 三宅和文

救急看護認定看護師は、傷病者の生命と人権を守り、また傷病者と家族の置かれている状況を判断し、状況に応じて環境を調整します。
 高齢・少子・核家族化する家族環境のなかで社会問題となっている高齢者や小児、自傷患者の救急において、幅広い救急看護領域の知識・技術を用いて的確に判断し、適切な対応を行い、施設内の救急医療の質向上、地域社会のニーズに応えます。
 また今後起こりうるすべての災害に備えて地域を含めた災害への備えを考慮し、院内外への災害時への協力体制を整える役割を果たします。
 
 

がん化学療法認定看護師 楠知美

がん化学療法とは、抗がん剤による内服や注射の治療をうけることです。がん化学療法看護は、がん化学療法が治療の選択肢となった時、がん化学療法を受ける患者と家族を支え、安全に治療が受けられるようサポートしていくことを使命としています。
また医療従事者に専門的な知識を伝達し、チームで質の高い医療が患者に提供できるよう取り組んでいくことも役割の一つとしています。
 
 

集中ケア認定看護師 森川恵子

集中ケア認定看護師とは、主に集中治療室に入院されるような生命の危機状況にある患者さんの重篤化を回避し、早期に回復できるように援助を行い、関連する他職種と調整、協同する看護師です。また、患者さんだけでなく、家族の方にも寄り添い、患者、家族の擁護者、代弁者として、配慮を行うことも重要な役割とされています。淡路島内では唯一、3次救急を受け入れており、また、唯一の公立病院であるため、島内の重症患者さんが集中治療室に来られます。集中治療が必要な定期手術だけでなく院内で集中治療が必要となった患者さんも入室されます。現在、集中治療室で勤務しており、患者さんが1日でも早く回復されるようにスタッフと共に頑張っています。
 
 

緩和ケア認定看護師  長尾 明子 

緩和ケアとは、がんなど生命を脅かす病気に直面する患者さんとそのご家族に対して心身の苦痛を和らげることで患者さんやご家族の生活の質の改善を目指すケアです。
緩和ケア認定看護師として、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士などで構成される緩和ケアチームに所属しております。多職種との調整役となり、主治医・担当看護師と協働して病気による痛みやその他の不快な症状が緩和され、その人らしい生活が送れるように支援いたします。緩和ケアにおける質の高いケアが提供できるよう努めていきます。
 
 

手術看護認定看護師   入口泰子  

手術看護認定看護師は以下のような役割があります。
 
  1. 重症で複雑な病態を持つ患者の手術に関して、手術による侵襲を最小限にし、よりよい回復を目指して手術中の看護を実践する手術が安全かつ円滑に進行、終了するためのコーディネートを行う
  2. 医療や社会の変化に対し、患者の安全を保障するための知識と技術を構築し、この分野で働く看護師に対して指導・相談の役割を遂行する
 「手術」という人生の中の大きな出来事に臨む患者さんの不安が最小限になるよう、安全で質の高い手術看護の提供に努めます。また自己の実践だけではなく、周手術期に携わる看護師が質の高い知識・技術・配慮を持って患者さんに援助できるように関わります。