このページの本文へ移動

看護部

TOP > 病院のご案内 > 各部門 > 看護部 > 4階西病棟

4階西病棟

病床数 :45床                                                   
診療科 :一般内科(20床)・泌尿器科(10床)・小児科(10床)・婦人科(3床)・眼科(2床)

看護提供方式:固定チームナーシング

 5診療科混合であり、乳幼児から成人高齢者まで幅広い年齢の方を対象としています
一般内科は、敗血症や尿路感染症などの患者の受け入れが多く、泌尿器科・婦人科は、生殖器が病に冒されるということで心身ともに苦痛を伴います。眼科は白内障がほとんどですが、合併症を伴った患者や、手術侵襲が体に影響を及ぼす危険性が高い患者が対象となります。
 小児科は、島内唯一の入院施設でもあり、受け入れ体制には万全を期すと同時に、治療だけでなく、遊びを通して心の発達も援助しています。また院内学級(小中学校)が併設され、長期入院に対しても、教育が継続でき、退院後の学校生活に支障がないようにサポートしていく体制が整っています。(他科の診療科であっても15歳以下(中学生まで)の小児の受け入れを行っています。)
多岐にわたる疾患を対象とすると同時に、幅広い年齢を対象としているということもあり、
幅広い知識と技術が必要とされ、患者さんに応じた看護が重要となってきます。
 

 

私たち、4西スタッフは、患者さん一人ひとりを大切に、また家族も含め患者・家族に
寄り添った看護が提供できるようにチームで看護していきたいと日々研鑽しています。