このページの本文へ移動

倫理委員会

TOP > 病院のご案内 > 各種情報 > 倫理委員会

臨床倫理部会

 臨床倫理部会細則

(目  的)
第1条 兵庫県立淡路医療センター倫理委員会設置要綱(以下「要綱」という。)第10条第1項の規定に基づき、兵庫県立淡路医療センター(以下「当院」という。)における医療行為全般において、当事者のみでは判断しがたい倫理的問題が生じた場合に、その解決を図ることを目的として、兵庫県立淡路医療センター倫理委員会臨床倫理部会(以下「部会」という。)を設置する。

(構  成)
第2条 部会の構成員は、兵庫県立淡路医療センター倫理委員会(以下「委員会」という。)院内委員及び院長が必要と認める者とする。
2 部会長は委員会の委員長が努め、副部会長には委員会の副委員長があたる。
3 部会長は、部会を招集し、その議長となる。
4 部会長に事故があるとき又は欠けたときは、副部会長が職務を代行する。

 (部会の開催)
第3条 部会長は、次の各号に掲げる場合に部会を開催する。
(1) 主治医等の当事者から要請があった場合
(2) その他部会長が必要と認めた場合

 (議  事)
第4条 部会の成立は、原則として部会委員の3分の2以上の出席を要する。ただし、緊急に意思決定を求められている場合には、3名以上の委員の出席により成立する。
2 部会は必要に応じて、当該患者の主治医並びにその他部会長が必要と認めた者の出席を求め、その意見を徴することができる。
3 部会の決定は部会の構成員全員の一致による。意見が一致しない場合は、少数意見を併記し、提示する。

 (審議の申請)
第5条 部会の判断を要請する者は、部会開催を必要とする事由と簡潔な事例の臨床経過を記載した開催要請書(様式第1号)をもって部会長に審議を要請するものとする。

 (審議結果の通知)
第6条 部会長は、部会での審議の結果を申請者及び申請者の所属する診療科等の長に通知するものとする。ただし、申請者が患者等の場合は、関係診療科長を経て通知するものとする。

 (事  務)
第7条 部会の事務は、総務部総務課において処理する。

 (守秘義務)
第8条 部会の構成員はその任期中及びその職を退いたあとも、職務上知り得た情報を正当な理由なく漏らしてはいけない。

 (補  則)
第9条 この細則に定めるもののほか、この細則の実施に当たって必要な事項は、委員会が別に定める。

附  則
この細則は、平成27年12月1日から施行する。