このページの本文へ移動

倫理委員会

TOP > 病院のご案内 > 各種情報 > 倫理委員会

臨床倫理に関する方針

 臨床倫理に関する方針

 基本的人権、患者の権利、医療の倫理に基づき、最良の医療を適切かつ十分に提供することを目的とし、臨床倫理に関する方針を定める。

1 臨床倫理の原則

(1)個人の尊重
判断能力のある患者の決定は、医師の勧めに反していても尊重する。患者に判断能力がない場合は、家族又は法定代理人等と十分な話し合いを行なった上で治療方針を決定する。

(2)インフォームドコンセント
患者が自己決定できるように、診断や治療法、予後の見通しについての正確な情報を、患者に理解できる言葉で説明する。

(3)最良の治療を行なう
患者の病歴、診断、予測される予後から治療目標を設定し、最も適切と思われる治療を提示する。また、いかにして医療行為による利益を患者にもたらすことができるかを常に考え、行動する。

(4)プライバシーの保護
個人情報保護法を遵守する。

(5)倫理委員会での審議結果に従った医療の提供
現場で解決できないような倫理的な問題を含む医療行為については、倫理委員会臨床倫理部会で十分に討議を行ない、その結果に従った治療を行なう。

2 代表的な臨床倫理問題への対応

(1)有益な治療を拒否する患者への対応
医師は治療によって生じる不利益と利益を明確に提示する。その上で、望まない治療を拒否する権利は患者に保障されている。ただし、感染症の治療の拒否によって第三者に危害が及ぶ可能性がある場合は、治療拒否は制限される場合がある。

(2)輸血療法を拒否する患者への対応
信仰上の理由などで輸血療法を拒否する患者であることが判明した場合、患者及び家族に対して検査・治療法を含む診療内容、特に輸血療法の副作用を十分に説明し、救命処置としての輸血療法の必要性に理解を求める。詳細については、「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」に従う。

(3)DNAR(蘇生不要)指示について
CPR(心肺蘇生術)の有効性、DNAR(蘇生不要)指示の適切性を患者や代理人と話し合い、倫理的側面を考慮し、症例ごとに適切性を検討しなければならない。
① CPRの有効性
多くの臨床の場でCPRの効果は限られていることを、患者又は代理人に理解してもらう。
② DNAR指示の適切性
・患者の意思を尊重する
・患者の意思を確認し、CPRが医学的適応を持たないとき、DNAR指示を下す最終的な決定者は医師である。
・患者が昏睡状態の場合などは、家族との話し合いにより決定するが、医師は患者本人の利益や希望を最優先し、倫理的に十分に配慮する。

(4)終末期患者に対する延命治療
終末期医療においても、できる限り患者の自己決定に従うことが原則である。すなわち患者本人が意思表示できる間に、医師等から適切な情報を提供し、それに基づいて患者と話し合いを行い、患者の希望について意思確認を行なう必要がある。
患者の意思が確認できない場合は、次の手順により判断を行なう。
① 家族等の話から患者の意思を推定できる場合は、その推定意思を尊重し、患者にとっての最善の治療方針をとることを基本とする。
② 患者の意思を推定できない場合には、家族等の助言を参考とし、患者にとっての最善の治療方針をとる。
詳細は「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」(H19、厚生労働省)に従う。

平成27年12月16日作成


【参考】宗教的輸血拒否に関するガイドライン 宗教的輸血拒否に関する合同委員会 H20.2.28

終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン 厚生労働省 H19.5